http://pokowiki.com/totomono2/index.php?FAQ
Top > FAQ

※質問の前にwiki内検索・説明書に目を通すなど最低限調べる努力をしましょう
また、仕様に大きな変化がなかった為に前作のwikiには記載があって、こちらには記載がされていない項目があるかもしれません

ゲーム購入前編

Q.これってどういうゲーム?
3DダンジョンRPG。ウィザードリィ(Wiz)に萌えキャラを被せましたみたいな。
メインはキャラ育成とアイテム集め。ややバグが多いかもしれないが、慣れれば気にならない……かもしれない。ハマれば楽しい……と思うよ。
Q.Wizや前作やったことないんだけど大丈夫かな?
システムに慣れてないうちは難しいかもしれない。今作はチュートリアルとかも特になし。
特に最序盤が厳しいが、そこを抜ければ楽しくなってくる。
Q.前作はXTH2の移植だったけど、今回はどれの移植?
予想外に売れてお金が入ったのでがんばってオリジナルを作ったそうです。
Q.前作からの引継ぎは?
ストーリーや収集の達成度によってもらえるアイテムが変化。
でもあくまでおまけ要素だから気にしなくても大丈夫。

ゲーム開始すぐ編

Q.○○が進めない or 行けないんですけど……
  • クエストを進めれば行ける迷宮が増える。
  • MAPをよく見ろ。MAP名の右上に☆がついてなければ踏破してないという事。埋めてないところをこまめに埋めていけば進める。
  • クエストは「報告」や場所を変えないといけないものもある。大抵最初に説明してるからしっかり聞け
Q.Lvが上がってもステータスが上がらないor上限ってどのくらい?
ステータスは基本値(種族毎に固定)、BP(各+10)、転生補正(各+10)、種族・性格・相性補正(+200%が最大)、装備品(各+8)で決まる。その内、LvUPやアイテムの使用で変動するのはBPの部分のみ。つまりステータス強化には転生、相性、装備、源による装備強化が重要になるということ。
Q.最初から難しいんですけど
最初は魔法使いは必須です。回復あるし、魔法は強いし、浮遊魔法あるし。
クエスト「校長先生のおつかい」を受領すると1000G手に入るので、その金で前衛に武器を買っておくとだいぶ楽になります。
セーブはこまめに、複数個作る。
「やばい」と思ったら即ソフトリセット、オートセーブのタイミング次第では取り返しがつくかもしれない。
ダンジョン脱出系のアイテムを常に携帯しておくと安心。
Q.敵に1ダメージしか通らないよ!
ダガーから買い替えるとだいぶ変わる。序盤は霊や精霊(ダストなど)に対して相性が悪い武器が多い。状況に応じて魔法やブレスで攻める。
また、対霊や精霊がマイナス(装備詳細で確認可能)になっている武器を霊魂などを合成し、プラスにするとダメージが急上昇する。ただし、序〜中盤は装備の変動が激しいので、そこまで気にしなくても。
Q.魔法が効かないときがあるんだけど
魔法は天候に影響されます(システム・小ネタ参照)。また、属性による相性もあります。
Q.お金貯まらないんですけど
探索後の回復は魔法でHPを回復させ、休憩でMPを回復させる。「泊まる」は年齢が増え、料金まで取られるので利点無し。序盤は初めの森のエンカウントシンボルでダストを狩って「お古ジャージ・上」を集めて売れば、一つあたり2000G強になる。また、それ自体が優秀な装備なのでメンバー分は確保しておきたい。
Q.宝箱のランク分けがわからん。教えろ
システム・小ネタ参照
Q.特殊な床の意味が分からない
ショック:踏むとダメージ、浮遊しているキャラには無効。最序盤はこれで全滅も有りえる。
ディープゾーン:全員が浮遊していないと進入不可(※扉を抜けた先にある場合を除く)。進入中に何らかの理由で浮遊状態でなくなったキャラは即死する。
ターンエリア:踏むと向きが変わり、向く方向はランダム。1回転して同じ方向を向いている場合もある。浮遊していても効果がある。
アンチスペルゾーン:一切の魔法が使えなくなり、また常駐型の魔法の効果が消える。召喚済みの精霊は消滅しない。
ワーニングゾーン:エンカウント率が非常に高く、強力な敵も出る。稼ぎの時はここを重点的に歩くと吉。
一方通行:決まった方向へ流される。
滑る床:別名氷床。侵入した方向に勝手に移動し、滑る床でない場所につくか壁にぶつかるまで止まらない。ちなみに壁にぶつかると死ぬ。
落とし穴:その名の通り下の階層に落とされる。
ワープ:別の地点にワープ。ワープ同士がつながっていることもあるが、一方通行のものも。テレポルでワープの座標に移動すれば回避可能。
マジックキー:閉じられた扉の解除。
泉:場所によって、またランダムで効果が異なる。HP、MPの回復・全快・最大値上昇の他、毒・石化・マヒ・ダメージとマイナスの効果もある。何度でも利用可能?
Q.回転床ウザすぎる…
回避手段は一切なし。ミニマップは方向は表示されないため、踏んだらマップを開いて確認するしかない。
Q.ショックで全滅なにこのクソゲー
魔法使いのフロトルで避けましょう。下手をすると序盤はショックだけで壊滅します。
タケウマで浮遊技能を持たせられるので、交易所で見掛けたら買っておきましょう。他にも天使のカフスやペガサスの翼などにも浮遊技能が付いています。また、セレスティアなど浮遊特性を持った種族なら気にする必要もありません。
Q.フロトルしてた筈なのにショックで全滅なにこのクソゲー
アンチスペルゾーンを通っていませんか?
アンチスペルゾーンでは魔法が使えなくなるのに加え、フロトルなどの常駐型魔法の効果が切れてしまいます。
Q.増強剤・メイク道具・フラスコどこ?
学校の購買もしくは初めの森を抜けたところの交易所で売っています。増強剤は固定宝箱からも稀にでるようです。フラスコは魔法生物(チェリークラッカー、呪いのメダルなど)からドロップする他、クロスティーニ学園の購買や魔女の森以降の交易所で売っています。
Q.種別固有職転科はどうしたらできるの?
他学園で可能です。
Q.ダンテ先生に勝つとどうなるの?
普通どうやっても勝てません。データ改造した人によると勝っても経験0。負けたときと同じように話が進むそうです。
Q.なんか治療している間にキャラがいなくなったんだけど
治療失敗→灰→再度失敗→ロスト。灰になった後に治療失敗するとロストとなりキャラが消滅します。治療前にセーブ推奨。
Q.町移動がだるいんですけど。
魔法使いがLv15で覚えるテレポルを使えば少し楽に。町から町は無理だが、同迷宮内(他のページも可)の好きな座標にワープできる。
町の位置関係については地図のページ参照。
飛竜召喚札・カードを使えば世界地図から行ったことのある町へ移動が可能。
ただし飛竜召喚カードは通常、ED後まで手に入らない(一応宝箱からも入手可能。しかし、それを狙うくらいならストーリー進めた方が早い)。

中級編

Q.条件を満たしてるのに転科できない
原因として考えられるのは、
  • その学科に就けない種族である。→諦めるしかない
  • 性格が条件にあっていない。→善or悪の実を各中継地等で買い、性格を変える。
  • ステータスが足りない。→戦闘・募金などでレLvを上げ、必要なステータスを上げる。
  • 上のどれでもない。→ステータスが足りない。ステータスは、種族間相性や合体技による相性補正、装備補正等を全て含んだ値が表示されている。しかし、これらの内、転科に必要な条件は種族毎の基本値とBPの合計値のみ。よって、見かけ上条件を満たしているようでも転科できない場合がある。また、一人旅や相性無効の状態であっても合体技の補正は適用されるので注意
Q.実を使っても性格変わらないんだけど
敵に会ったときにたまに出る「戦う」「様子を見る」「立ち去る」で内部ステータスを変化させておき、ある程度ポイントが貯まったと思ったときに実を使ってみよう。使う前にセーブ推奨
Q.レンジャー・忍者・ガンナーの盗賊技能に優劣ってあるの?
レンジャーの方が優秀。忍者、ガンナーは頻繁に罠を間違える。忍者とガンナーに優劣があるかは不明
ただし忍者はアンロックをかなり早い段階で覚え、MPの成長が早い点は見逃せない。
Q.敵が同じようなアイテムしかドロップしない or 宝箱から何も出てこないことが多い気がするんだけど
道具袋の上限は100種類。これ以上持てない場合でも「アイテムが持ちきれない」なんていってくれないので注意。
複数所持できるアイテムは普通に入手しているので気付きにくいが、ドロップの大半が無駄になっているなんてことも。
道具袋は全パーティで共通なので、適当なところで駐留キャラに切り替えて道具の整理をするといい。
Q.売ってる錬金書や転生書が他の学院と重複してる気がする。それでも片っ端から買うべき?
結論としてはノー。
街や学院の売り物は、全て場所ごとに独立しているため重複お構い無しで買えてしまう。
錬金書は特に分かりづらいので、wikiを参考に一切買わないか、中断を利用して全てをクロスティーニ学園で購入すると良い。
Q.ディープゾーンを浮遊魔法で抜けたら向こう岸がアンチスペルゾーンでハマった!
本作はアイテムがキャラ毎ではなく複数パーティーでも共有なので、中断で学院に戻って帰還札を買いましょう。
Q.死んだらどんなデメリットがあるの?
復活時に生命力が1減る。結果的にHPが伸びづらくなるのでできる限り死なないように。
種族によっては、死ぬ→生命-1→HP伸びない→HP低い=敵から集中的に攻撃される→また死ぬ→生命低kという負のループに突入することも。
但し、ラグナロクによる蘇生では生命力の減少はない
Q.装備の呪いって何?つけるとどうなるの?
装備選択で外せなくなる。よって転科ができなくなる。
外すには購買部で料金を払って解呪してもらえばいい。今作には解呪魔法がない為、その都度購買に行く必要があり少し面倒。
今作は戦闘中に装備変更ができない上、解呪料金も前作ほど高くはないので、そこまで気にしなくていい。
一部ランダム付与の装備があるので、装備前に確認する癖をつけておくとよいかも。
Q.転生の〜、転生書って何に使うの?
合成素材「転生の〜」は、ユニークでない装備品Aに合成することでAの転生書を作れる
転生書は、同系統の装備に合成することでA(B)という名前の装備にできる。以下活用例
  • 脅威のMレンジ武器「鬼徹(鬼切)」
    • 装備Aに素材「転生の○○」を一定数錬金する事でAの転生書にする。例えば、アイテムLv52ならLv50の転生の宝玉が2個必要。
      この時に強化した能力(+値、種別・源付与)は全て消失し、分解で元に戻すこともできなくなる。
    • 装備転生書Aと装備Bを錬金することで、Aの能力を持ったBが完成する。
      武器の射程は移植先の射程に依存する(例:Aの射程S、Bの射程MだったらAの武器能力でBの射程Mの武器になる)
    • 剣なら剣同士、刀なら刀同士、弓なら弓同士という縛りが存在する。
      石、矢、装飾品など転生自体できないものも存在する。
    • 装備によってキャラの見た目の変わらないととモノ。では一見無意味。
      ところが、タイトルの刀「鬼徹」の場合は、転生書を鬼切や青竜刀に合成する事で「射程が移植先に依存する」という装備転生の特徴を最大限に活かすことができる。
      ・鬼徹(鬼切)なら剣士も後列に配置可能になり、後列からでも白刃一閃を繰り出せるようになる。
      ・オロチを転生書にしてヨルムンガンドに合成し、射程LLのオロチ(蛇神)にすると自軍後列からでも敵軍4列目の敵に攻撃が届く脅威的な範囲のオロチが出来る。
      ・聖銀のオベリスクを転生書にしてグングニルと合成し、射程Lの聖銀槍(戦槍)にできる。戦士に持たせる事で、カウンターを最大限に活用できる。

注意する点(ハマリなど)

バグ情報も参照。

メインシナリオを進めたら一部の受領中クエストが消える
「激闘! 武術大会!」のクエストをクリアすると、完了、未受領、受領中問わずクロスティーニ学園のクエストの大半が消滅してしまう。
特に気をつけるべきなのは、パルタクス学園の「バルバレスコの宝物庫」以下4つのクエスト
「バルバレスコの宝物庫」は「バルバレスコの武器庫」クリアが条件だが、
「バルバレスコの武器庫」は「人質解放」と同時に出現するため、「人質解放」出現時点ではクエストリストに「〜の宝物庫」が存在しない
これに気づかないまま「人質解放」をクリアしてしまうと、クエスト達成が不可能になる上に、進入不可能なダンジョンができてしまう
いしのなかにいる系
  • 以下の座標は本来なら壁として処理されるはずが、何故か通路として進入可能となっており、入ると全滅してしまいます。なお、進入しなくてもマップは埋まるらしい。
  • テレポルで滑る床の上に移動、壁に向かって滑ると壁の中に入り全滅。

メモ

2chからのフラゲ情報、嘘が混じってる可能性もあり!
とりあえず、発売まで妄想しましょう。

・職制限あり。
・種族の能力値はほぼ前作のまま。
・「ヴ」は使える。
・宝箱はある。鑑定がなくなった?
・引き継ぎは前作の達成度(?)によって道具やととモノ。メダル、お金がもらえる
 前作クリアで「大天使の涙」、「踊るトカゲの像」、「とともの。メダル」とか
・ビーストはフェルパー専用上級職。
・他の上級職に関しては説明書では記載なしだが種族専用が濃厚。
・転科の仕様は1と同じ。
・コンフィグは1と同じ。メッセージ速度は変えられない。
ダンジョン内BGMはない。
・レベルアップでMPがもりもり上がる?
・普通科は魔法を覚える速度が非常に遅い。
・キャラ作成のボーナスランダムの乱数が甘い。20以上がポンポン出る
・上級職は一部以外はシナリオ進行にしたがい徐々に解放
・転生あり
・UIはとまずまず及第点。コンフィグが貧弱なのとメッセージの遅さが気になる。
・ロード関係はイベント戦闘は遅いかも知れない。通常戦闘は世界樹以上エルミDS以下のテンポ。開始・終了は早い方?
・サウンド関係が軒並みしょぼい。
・戦闘テンポは悪くないが、ショップのインターフェースが悪くて買い物のテンポでイラっと来るところはある。
・全滅・ロストあり
・宝箱に罠はある

リンク貼り付け対策の為コメントFAQは非表示になってます。



リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 09:06:20 (1566d)