http://pokowiki.com/totomono/index.php?%BC%EF%C2%B2

能力

種族名合計基礎回避HP成長率スキル
ヒューマン8889895012C
エルフ710107985113D
ドワーフ1161011675110B
ノーム51411559499E浮遊、プロテクション
クラッズ665612144914D
フェアリー597514125218E浮遊
フェルパー978101265214C
バハムーン145514685211Aブレス
ディアボロス912810875412Bブレス
セレスティア781478105412D浮遊

Q&A

Q,特性値(ステータス)の最大値は?どうやって伸ばすの?
A,最大値は、上記の種族固定値+10だよ!
 伸ばし方は、キャラ作成時のボーナスポイントの割り振りと、
 レベルアップでランダムに上下するよ

Q,特性値について教えて
A,主にこんな感じ

攻撃力。武器攻撃する学科に重要。
知恵
無属性以外の攻撃魔法の威力、魔法抵抗、鑑定成功確率。
魔術士系の学科に重要。
精神
回復魔法の威力、魔法抵抗、常駐呪文の効果量。
司祭、僧侶系の学科に重要。
生命力
HPの成長率や、各種の基本防御力、蘇生率。全学科に最重要。
素早さ
行動速度、逃走率、各種の基本回避率、盗賊技能。全学科に重要。
敵を倒した際のアイテムのドロップ、宝箱の出現判定、
宝箱を開けるときのアイテム入手判定(開けた人の個人判定)、
盗賊技能、無属性呪文の威力、各種状態異常(攻撃側、防御側)の判定、
その他あらゆる確率判定の場面。最終的にこの能力値が一番重要に。

取説には知恵・精神は呪文の習得速度に影響するって書いてあるけど
実際には運のほうがずっと大きくて知恵・精神は微々たる影響しかないよ
っていうか結局は何Lvでどの呪文を覚えられるかは学科ごとに固定だから
あんまり気にしなくていいよ

Q,各種族の最適学科と苦手学科教えて
A,一応こんな感じ

種族最適学科苦手学科
ヒューマンなんでもござれ。学科を転科するのもいいかも特に無し。悪く言えば器用貧乏
エルフどちらかといえば魔法系学科。学科を転科するのもいいかも特に無し
ドワーフ力・精・命を生かして僧侶か君主魔術士、盗賊系
ノーム知・精を生かして魔法系学科打たれ弱いから前衛系学科
クラッズ早・運を生かして盗賊系。ビックバム専門なら魔術士も盗賊系以外
フェアリー知・早・運を生かして魔術士、盗賊系打たれ弱いから前衛系学科
フェルパー盗賊系以外。学科を転科するのもいいかも運が悪いから盗賊系
バハムーン力・命を生かして前衛系学科魔法系学科
ディアボロス知を生かして魔術士系。学科を転科するのもいいかも運が悪いから盗賊系
セレスティア精を生かして僧侶、司祭。盗賊も悪くないかも前衛系学科

別にこの表の通りじゃなくてもいいよ!
例えば、ドワーフ+戦士とかエルフ+狩人とかも中々イケるよ!

Q,種族による違いって、特性値だけ?
A,特性値の他に、種族によって装備に制限があるよ
 後、固有の特殊能力を持っている種族があったりするよ!

Q,浮遊って何?
A,文字通り宙に浮いてるんだよ
 深水域に入っても全滅したりしなくなるよ

Q,セレスティアって前衛に出しても大丈夫?
A,あのゲームとおなじだったら、装備品とかの制約で中盤までは前衛には
 向かないかもね。でも、♀が攻撃を受けたときの声がすごく・・・(ry
 らしいので、一部の人は前衛に入れようとしているみたいだね。まぁ、愛さえ
 あればなんとでもなるよ。

Q,セレスティア♀が攻撃受けた時の声が聞きたい!でも前衛に出したくないよ!
A,聞くだけだったら、最前列(一番左上)にしてダンジョンの壁にぶつかり続けると
 幸せになれるよ。やりすぎには要注意!

相性(簡易)

 
ヒューマン
エルフ××
ドワーフ××
ノーム
クラッズ×
フェアリー××
フェルパー×
バハムーン××
ディアボロス××
セレスティア×
◎:相性がとてもいい ○:相性がいい −:相性はふつう △:相性は悪い ×:相性はとても悪い

種族考察

ヒューマン

特徴がないのが特徴、どんな学科でもそれなり以上にこなす。装備の制限も緩い。
バハムーン・ディアボロス以外の種族との相性もそれほど悪くないので、
編成に迷った時にとりあえず入れとくのに向いている。
何でもできる反面、何をやらせてもその道一流の種族には劣るので、
何か突出した売りのある学科を任せる意味は薄い(いけなくはないが)。
基本はパーティーの調整役で、その場の状況で役目を柔軟に変える学科、
たとえば超術士や君主、前衛の僧侶などが良くはまる。
あとは脳内主人公設定の妄想がしやすいというメリットが…?

エルフ

ヒューマン同様どんな学科でもこなせるが、装備制限がヒューマンより厳しく
HPの伸びも若干落ちるので、能力的にはやや魔法系より。
エルフと言うとつい狩人を連想するが、このゲームでは別に適職ではないので注意。
ドワーフ・ディアボロスとは相性が極端に悪いため、同じPTに入れる場合は、
他の仲間で補う必要がある。

ドワーフ

力・精神・生命に優れた、僧侶を前衛で使う場合に最適な種族。
僧侶のほか、戦士や君主といった前衛学科にも向いているが、
素早さが低い為、侍等の素早さが重要な学科にはやや不向きで、
魔術士や盗賊は特性上、向いていない。
しかし逆にPT最後の行動になりやすい事を前提とした戦術を
立てやすいというメリットもある。
エルフ・フェアリーとは相性が非常に悪い。

ノーム

知恵・精神が非常に高く運もそれなり、力生命素早さは最低という極端な特性値と、
即死耐性のプロテクションと浮遊という二つの種族スキルを持つ。
特性上は魔法系学科1択に見えるが、プロテクションを活かして君主という選択もある。
ただし、その場合HPの低さを補う必要があるが…。
装備制限は厳しすぎず緩すぎずといったところで、浮遊もち種族の中では一番緩い。
また、あらゆる種族と相性が良く、仲の悪い種族同士でPTを組む場合でも
ノームがいればある程度緩和してくれる。
ノームをPTに入れるだけでメンバー全員のステが補強される事を
大きいと見るか小さいと見るか…。頼りすぎると学園がノームだらけになるが。

クラッズ

素早さと運が極端に高く、それ以外がかなり低い盗賊向きの種族。
運は盗賊技能のほか、無属性の攻撃魔法の威力や首切りの確率等に影響するので、
行動が早い特性と組み合わせて、ターン開始直後のビックバムを放つ魔術士・司祭や、
首切り武器での白刃一閃の侍、スタン要員の修道士や忍者・くノ一も意外と悪くない。
ただし、それは高LV装備やそれなりのHPが育っていればの話。
序盤から中盤にかけてHPが比較的低く装備制限もやや厳し目なので、
前半は鍵開け以外はいまいちだが、後半に覚醒する種族と言える。
なおHPの伸びについては確かにスペック上は悪い部類に入るが、
レベルアップごとの上昇量にもやはり運が影響するため、
同ランクのエルフ・セレスティアと比べると結果的に伸びは良い。
相性は同種族間が特に高く、ディアボロス以外は極端に悪い種族はないが、
フェルパーが入るとクラッズ側の能力がやや大きく落ちるので注意が必要。
猫と鼠か。

フェアリー

最高の素早さと非常に高い運に加え知恵もそれなりに高く浮遊もち。
クラッズ同様、盗賊や先制無属性魔法の魔法系学科向き。
装備制限が最も厳しく全種族で一番HPが低い、代わりに基本回避率が最も高いという、
扱い方次第で非常に強くもなり、弱くもなる面白い種族。
ヒューマンと非常に相性がよく、セットにすると能力が強化される。
一方でバハムーンとは相性が極端に悪く、また前述のヒューマンもバハムーンとはやや相性が悪いため、
セットで使う場合はバハムーンは加えない方が無難。同じ理由でエルフ・ドワーフも。
また同種族との相性も極端に悪く、PTに2人以上入れるのもやめておいた方が無難。
やるならヒューマンも2人入れよう。
ちなみに、ディアボロスとの相性は実はそれほど悪くない(良くもないが)。
HPは中盤以降とあるクエストで容易に強化できることを覚えておこう(ノームやクラッズにも言えることだが)。
比較的性能の良い妖精専用ユニーク装備が存在するが、あまりアテにしないこと。

フェルパー

力・生命・素早さに優れた前衛向き種族。
前衛向きの種族の中では圧倒的に素早さが高く、装備制限もかなり緩め。
そのため敵より先に行動しておきたい前衛学科、侍・修道士・神女に向いている。
ただし運が全種族最低の為、盗賊系にはあまり向かない。
そして盗賊系担当になりやすいクラッズを威圧してしまう特性があるので、
役割分担の計算では少し考える必要がある。フェアリーとの組み合わせが妥当。
同種族間の相性が高い。ドワーフとは極端に、ディアボロスとはやや、相性が悪い。
注意点としては、素早さに優れるとは言えあくまでそれは前衛として、かつ数字上のことであり、
運の低さから結果的にパーティー内の行動順は必ずしも早くならないということがある。
フェアリーやクラッズには余裕で、ヒューマンやセレスティアにも時に負けるので、
侍で白刃一閃を使ったり先手必勝で一斉行動する際には効率に留意する必要がある。

バハムーン

力と生命が最高で他が低い、前衛になる為にあるような種族。
他種族を圧倒するHPがありブレスも使える。
特性上、魔法系や盗賊系は考慮外と言ってよく戦士や君主が天職。
ただし素早さが低いため、後半PTメンバーが強くなってくると
行動前に戦闘が終わってたりする事が多々ある。
よって敵や他のPTメンバーより先に行動したい事が多い侍や修道士、
神女にはそんなに向いていない。
素早さの影響が少ない超術士というのも面白いかも。
肉の壁+魔法の壁で後衛をガッチリ守ります。
相性が全体的に悪く同種族以外ではノームだけが相性良好。
特にヒューマンやフェアリーとは最悪の相性なので注意。
ただし、ディアボロスを含め他の種族との関係はそれほど悪いわけではない。

ディアボロス

運以外の全ての能力が高く、特に知恵が高くブレスまで使える。
一見すると運以外ヒューマンの上位互換に見えるが、
それら全てを台無しにしてしまいかねないほど他種族と相性が悪い。
その影響でノーム以外がPTに加われば加わるほど能力が下がり
殆どのPT構成で同じPT内のヒューマンに知恵以外全ての能力が逆転されるほど。
フェアリー・バハムーンとの相性が比較的マシだが、その両者の相性は最悪なので注意。
他メンバーを全員中立にしてディアボロスだけ悪にする等の方法で、
うまく相性を補う事さえ出来れば、その高い能力やブレスは非常に強力。
2〜3人入れたいなら残りをヒュム・フェア・ノムにするのがお勧め。
また、一人旅では最強候補の種族でもある。

セレスティア

精神が抜群に高く、他の能力もそれなりで浮遊もち。
数字上は非常に強力で、エルフ並の前衛能力は持っているように見えるが、
装備の制限がフェアリーに次いで厳しく、中盤の装備に非常に困る。
またゲーム内でも言及されているとおり、生命力の割にHPの上昇が悪いので
前衛に置くには何らかのフォローは必須になる。
精神の高さを活かして僧侶や司祭、運が3番目に高いので一応盗賊系も出来る。
ディアボロスとは極端に相性が悪いが、それ以外の全ての種族と相性が普通以上で、
組み合わせに困ったら気軽に面子合わせに使えるのが長所。
ただしノームとは違い、平均的にやや良いだけなので、
孤立メンバーを救済するほどの力はないことには注意。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-26 (金) 23:00:35 (968d)