http://pokowiki.com/bleach3rd/index.php?Chapter-11
Top > Chapter-11

GJJJ

Chapter11「GJJJ」
一護:ん……? ! 何だ!? 殺気立った霊圧が俺の部屋に……!
ヤバそうな男:どうだ、わからねぇだろ?ヘタに動けば死ぬぜ……?
攻撃的な男:甘めぇよ……こういう時は一気にヤッちまうのさ!
一護:(な、何だ?何なんだこいつら!?俺をどうする気だ!)
魔性の女:もうちょっとこの状況を楽しませてよ。早いのは嫌われるわよ?
冷徹な男:くだらねえ。こんな遊びはさっさと終わらせるぞ。
妖しげな男:遊びだと思ってなめてると足もとすくわれますよ?ねえ?
(効果音)
一護:ああ、なめんじゃねえよ!やってやるよ!
(効果音)
恋次:ん?
一角:あァ!?
(グラフィック)
乱菊:一護、あんたもババヌキやる?
一護:修学旅行か!
(効果音)
(グラフィック)
ルキア:私はやめるよう言ったのだが……
一護:さも当然みたいな顔してっけど!そこはオメーの部屋じゃねえ!
   え……ルキア……?
ルキア:久しぶりだな、一護。破面にやられてヘコんでいると思ったが、元気そうではないか。
一護:アランカル……?

一護:あの敵が破面……藍染が生み出した、死神の力を得た虚なのか。
恋次:てめー、敵が何者かも知らねえで戦ってたのかよ?
一護:知るわけねえだろ!それより……お前ら、なんでうちの学校の制服着てんだよ?
乱菊:着たいからに決まってんじゃない。似合うでしょ?
一護:そうじゃなくて!学校に来る気だったのか?そうなんだな!?
ルキア:昼に着く予定だったのだが少々遅れてしまってな。まあ明日行けば……
乱菊:明日は学校でババヌキやるわよ〜!
一護:学校は遊ぶ場所じゃねェ!ていうかどこに泊まんだ?言っとくがうちはダメだからな!
乱菊:えー、あたしもダメ?
一護:あんたが一番ダメだろ!常識的に考えて!
乱菊:……これでも?
(胸)
一護:シャツのボタン外してもダメ!
乱菊:じゃあ……
(スカート)
一護:スカートちょっとめくってもダメ!とっ、とにかくダメだ!
ルキア:その目線でダメだと言っても、まるで説得力がないぞ……
一護:うるせぇ!って、あれ……?そういえばこういう時に真っ先に飛んでくるコンは……?
コン:ふがー!ふがふー!
一角:ん?なんだ?
弓親:一角、君のざぶとんが何か言ってるよ?
(かわいそうなコン)
一護:あ。
コン:ネエさんならまだしも、ハゲのケツにしかれるなんて……

(グラフィック)
グリムジョー:……そろったか。ディ・ロイシャウロン
ディ・ロイ:……
シャウロン:……
グリムジョーエドラドイールフォルト
エドラド:……
イールフォルト:……
グリムジョーナキーム
ナキーム:……
シャウロン:妙だぞグリムジョー、この近くにかなりの数の強い霊圧が集まっている。ウルキオラの報告では、まともな戦闘能力を持つ奴は3人だったはずだが。
グリムジョー:ちっ……尸魂界から援軍を呼びやがったか。ウルキオラが殺しときゃこんな面倒にゃならなかったのによ……バカが!
エドラド:どうする、グリムジョー
グリムジョー:行くぜ。遠慮も区別も必要ねえ。少しでも霊圧のあるやつは……
(効果音)
グリムジョー:……一匹残らず皆殺しだ!

(効果音)
一護:この霊圧……!?
ルキア:これは!?
一角:来やがった!破面だ!!
弓親:1、2……6体だね。
乱菊:隊長!
日番谷:阿散井、破面との接触予想地点一帯の空間凍結を申請しろ。
恋次:了解!
(効果音)
一角:先に行くぜ!
(効果音)
弓親:抜け駆けはずるいよ、一角。
(効果音)
日番谷:おくれるな、松本!
乱菊:はい、隊長!
恋次:ルキア!一護!
(効果音)
一護:おう!
ルキア:わかっている!

(戦闘マップへ)
グリムジョーエドラド出現)
グリムジョー:来いよ、死神!
(一角、弓親出現)
一角:ほーう、てめえらが破面か!
エドラド:運のねえ奴だな!俺の前にあらわれるとは、転げ回って死ぬだけだぜ!
(日番谷、乱菊出現)
日番谷:かまえろ、松本!
乱菊:速い!!
シャウロンナキーム出現)
シャウロン:初めまして。
ナキーム:……
(恋次、イールフォルト出現)
恋次:テメェが俺の相手かよ!
イールフォルト:楽しませてくれよ、兄弟!
(一護、ルキア、ディ・ロイ出現)
ディ・ロイ:ちっ、ハズレだ。
ルキア:ハズレかどうかは、
一護:戦ってから決めるもんだぜ。
グリムジョー:いくぜ。一匹たりとも逃がすんじゃねえぞ!!

(戦闘開始)
戦闘パート
味方:
黒崎一護
朽木ルキア
阿散井恋次
斑目一角
綾瀬川弓親
日番谷冬獅郎
松本乱菊
敵:
グリムジョーLv15 技巧
エドラドLv15 剛剣
ディ・ロイLv15 速撃
ナキームLv15 剛剣
シャウロンLv15 速撃
イールフォルトLv15 剛剣
1ターン目:一角、日番谷、恋次は霊圧をMAXに。弓親は一角の支援攻撃を利用しエドラドを攻撃。ルキアは啓活。一護はルキアの防御支援を利用しディ・ロイを攻撃。乱菊はナキームを攻撃。
2ターン目:一角、日番谷、恋次は卍解してそれぞれ攻撃。弓親、ルキア、一護、乱菊は1ターン目と同じ動き。
3ターン目:一護は霊圧をMAXに。ルキアは一護の後ろで啓活。
4ターン目:弓親は一護の支援攻撃を利用しグリムジョーを攻撃。ルキアは弓親の隣で啓活。一護は卍解しグリムジョーを攻撃。
5ターン目:卍解した一護でグリムジョーを攻撃。
戦闘終了直前のセーブを忘れずに。

(一角とエドラドの直接攻撃)
一角:おい、まだ名前をきいてなかったな、デカいの。
エドラド:オゥ、俺か!?俺は破面NO.13―トレッセ―いや、よそう。これから殺す奴に名乗るのは無駄だろう。
一角:そうか。どうやらてめえは俺とは流儀が違うらしいな。殺す相手には名を名乗れ、ってのは俺が戦い方を教えた奴に、必ず教える最後の流儀だ。戦いに死ぬと決めた奴なら自分を殺す奴の名は、知って死にてえはずだ。
エドラド:……
一角:更木隊第三席、斑目一角。てめえを殺す男の名だ!
(日番谷とシャウロンの直接攻撃)
シャウロン:破面NO.11―ウンデシーモシャウロンと申します。
日番谷:十番隊隊長、日番谷冬獅郎だ。
シャウロン:私は当たりというわけだ……!
日番谷:いいや、たぶんてめえが一番のハズレだぜ。
シャウロン:ほう……
(乱菊とナキームの直接攻撃)
乱菊:あんたたち、ここへ来たときすごい速さで移動してきたじゃない?アレ、なんて技?
ナキーム:響転―ソニード―だ。
乱菊:そ。あたしたちのは瞬歩っていうのよ。
(恋次とイールフォルトの直接攻撃)
イールフォルト:ははははははははははは!そんなものか兄弟!!お前程度のカスが副隊長か!!護廷十三隊の底が知れるな!!
恋次:ちっ……
イールフォルト:死ぬ前に俺の名を教えてやろう兄弟!!破面NO.15―クインセイールフォルト・グランツだ!!
グリムジョーとの直接攻撃)
グリムジョー:おい、どいつだ?強ぇのはどいつだってきいてんだよ!
ルキア:何だこやつは……!?ほかの奴と霊圧のレベルが違いすぎる!
日番谷:おい、シャウロンとか言ったか……ひとつききたい。てめえは破面NO.11と名乗った。つまり11番目だと。それはてめえの強さが上から11番目ってことか?
シャウロン:いいえ。我々の番号は強さの序列ではなく、生まれた順番です。ただし、私より下に限ってですが。
日番谷:!?
シャウロン:1から10の番号は、殺りく能力の高い者に能力順で与えられます。十刃―エスパーダ―。彼らの強さは我々とは別次元です。
日番谷:……!
シャウロン:もうお気づきでしょうが、我々の中に1体、その十刃がいるのですよ。それが第6十刃―セスタ・エスパーダ―グリムジョー・ジャガー・ジャック。
グリムジョー:ヘッ……
(一護とグリムジョーの直接攻撃)
グリムジョー:ナメてんのか死神?とっとと出せよ!全力って奴をよォ!
一護:てめえ……!

ディ・ロイ撃破)
ディ・ロイ:やってくれる!
エドラド撃破)
エドラド:すげえじゃねぇか……
シャウロン撃破)
シャウロン:これまでのようですね……
ナキーム撃破)
ナキーム:図にのるなよ……
イールフォルト撃破)
イールフォルト:やれやれ!やってらんねーぜ!
グリムジョー撃破)
グリムジョー:クソ野郎……

(戦闘終了)
グリムジョー:はははははははははははははっ!!上等じゃねえか死神!!ウルキオラが言った通り、殺す価値もねえかと思ったが!これでようやく殺しがいが出てくるってモンだぜ!!
一護:野郎、これだけくらわせてあの程度かよ!
グリムジョー:ここからが本番だぜ!
一護:……!!
(東仙出現)
グリムジョー:!!
東仙要(以下東仙):刀を納めろ、グリムジョー
グリムジョー:東仙……!
日番谷:東仙!?
乱菊:!!
一角:野郎!
弓親:これは……!
恋次:まさか……!
ルキア:本物なのか!?
一護:藍染たちと消えた隊長か!!
グリムジョー:なんでてめえがここにいんだよ!?
東仙:わからないか?独断での現世への侵攻、五体もの破面の無断動員、すべて命令違反だ。わかるだろう。藍染様はお怒りだ、グリムジョー
グリムジョー:……
東仙:行くぞ。お前への処罰は虚圏で下される。
グリムジョー:ちっ……わかったよ。
一護:待て!どこ行くんだよ!まだ勝負はついてないだろ!
グリムジョー:ふざけんな……命拾ったのはてめえの方だぜ死神!
一護:!
グリムジョー:俺の名を忘れんじゃねえぞ。そして二度と聞かねえことを祈れ。グリムジョー・ジャガージャック!この名を次に聞くときがてめえの最後だ、死神!

恋次:破面は虚圏へ撤退したようだな。
一護:……敗けた。
恋次:ばかやろう、生きてりゃそれで勝ちじゃねえか。
一護:うそ、つくなよ……お前が俺なら、そうは思わねえはずだぜ……俺は……敗けたんだ。
ルキア:一護……
乱菊:隊長、上への報告、どうします?
日番谷:どうやら破面の狙いは黒崎一護らしい。狙われた理由はわからんがこのまま黒崎を現世に残しておくのはまずいな。
弓親:現世への被害を考えると、ここで戦うのは美しくないね。
一角:じゃあどうするんだよ?
一護:……
夜一:一護には尸魂界へ行ってもらう。
一護:夜一さん!?
浦原:アタシも同感っス。黒崎サンはこっちにいないほうがいいっスね。
ルキア:浦原まで!
夜一:一護よ、おぬしはどうしたい?
一護:俺は……もっと、強くなりたい。いや、ならなきゃいけない!
浦原:つまり、彼らと同じってわけですねぇ。
一護:彼ら?彼らって?
夜一:日番谷隊長、一護を尸魂界へ送る許可をとってくれんか?
日番谷:わかった。

一護:尸魂界へ……か。
コン:また長いこと帰ってこないのかよ?
一護:わかんねえ。とにかく、学校だけはちゃんと行っといてくれ。
コン:まかせとけって!オメーのクラスは女子のレベル高いからな!
一護:ヘンなことすんじゃねえぞ!
コン:先にあやまっとく!保証はできねェ!
一護:保証しろテメェ!
ルキア:うるさいぞ、お前たち!
コン:だってネエさん!オレだってネエさんと一緒に行きたいのに!
ルキア:それはできん。
コン:だったらせめて学校でのびのびしたっていいじゃない!
ルキア・一護:ダメ。
コン:ひどいよネエさあああああん!
(効果音)
一護:やれやれ……
ルキア:出発までまだしばらくある。一護も出発前にみなに挨拶しておくといい。

フリータイム

一護:またここから行くんだな、尸魂界へ……
井上:あ、来た!おーい、黒崎くーん!
石田:おそかったな。
茶渡:ム……
一護:井上!?石田とチャドも!姿を見ねえと思ったら、ここにいたのかよ!
茶渡:浦原さんの元で、修行させてもらっていた。
井上:でね、黒崎くんと一緒にあたしたちも尸魂界に行くことになったの!
一護:行くのか、石田も?
石田:ああ。こっちより向こうの方が都合がいいからな。
一護:そうか……って、ちょっと待った!おめーら学校はどうすんだよ!?
茶虎・井上:休む。
石田:僕らは黒崎と違って気をつかう家族がいないからね。学校への言いわけを考えるだけでいいのさ。
一護:で、言いわけは考えたのか?
茶虎・井上:……身内に不幸が……
一護:気をつかう家族いないんだろ!一日しか休めねえし!
石田:まったく、スマートじゃないね。
一護:石田、おめーは?
石田:語学留学だよ。短期で一ヶ月、延長もありでね。
井上:おおー、さすが学年トップだ!
一護:どうせ手続きとかでっちあげだろ?
石田:ちゃんとレポートを提出すれば問題ない。
一護:現地に行かないんじゃバレるんじゃねえの?
石田:いいじゃないか!バレない可能性の方が高い!高いはずだ!
一護:はいはい。スマート、スマート。

浦原:行ってらっしゃい。全員2度目っスから、説明はいりませんね?
一護:まあな。
夜一:尸魂界も虚圏からの攻撃を受ける可能性がある。修行とはいえ、朽木ルキア救出の時より気楽だと思わぬようにな。
茶渡:わかった。
井上:はい!
石田:敵の強さを知った以上、気楽じゃいられないな。
一護:石田の言うとおりだ。行くぜ、みんな!
(効果音)

(セーブ画面)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-14 (月) 14:39:57 (125d)