http://pokowiki.com/bleach3rd/index.php?%A5%D5%A5%EA%A1%BC%A5%BF%A5%A4%A5%E0-153~-
Top > フリータイム-153~-

153:総隊長の散歩
山本:……
藤丸:あれは、山本総隊長……!
山本:ふぁ〜あ……眠いのう……
藤丸:こんにちは、山本総隊長!
山本:む?
藤丸:お忘れですか?宮能藤丸ですが……
山本:ふむ、そのような者もおったかのう?すまんな、最近は物忘れが激しくてのう。
藤丸:はあ……それより、おひとりでここで何を?
山本:無用な好奇心は持たぬ方がよいぞ。
藤丸:しっ、失礼しました!
山本:まあよい。最近は会議が多くてな。ひとりで散歩したくなるのじゃ。
藤丸:いつもご苦労様です。
山本:なに、いざ戦闘となれば儂は一番後ろで指揮する立場じゃ。戦うおぬしたちの方がいざとなれば苦労する立場よ。
藤丸:そうは言っても、総隊長も肝心な場面では戦場に立たれるのでは?
山本:何を申す?儂はそのような戦略的失敗などせぬ。
藤丸:すみません!つい、過去を思い出してしまい……
山本:儂の軍略は完璧じゃ。敗北があるとすれば手駒の責任よ。
藤丸:(え……手駒の、責任……?)
山本:ふむ、そろそろ会議の時間じゃな。さらばじゃ。
藤丸:総隊長、少しお変わりになられたかな?無理もないか、長い年月が過ぎてるんだし、大きな事件もあったし。

154:砕蜂、愛の劇場
藤丸:砕蜂隊長、お呼びですか?
砕蜂:遅い!もっと早く来い!
藤丸:すみません!それで、ご用は何です?
砕蜂:藤丸、しばらく大前田の補佐をしてくれ。
藤丸:大前田副隊長の、補佐?
砕蜂:そうだ。私は休暇を取ろうと思っていてな。しばらく二番隊が人手不足になるので、お前の手を借りたいのだ。
藤丸:それはいいですけど、休暇を取って何をするんですか?
砕蜂:夜一様と共に、旅行をするのだ。
藤丸:旅行ですか!?こんな時に?
砕蜂:最近は夜一様も尸魂界におられるし、いい機会だと思ってな。ふふふ、楽しみだ!夜一様とふたりきりで、旅路を歩む……ふふふ!
藤丸:(うわ……あの砕蜂さんがにやけてるよ……)
砕蜂:というわけで、留守中、大前田の補佐をよろしく頼むぞ。
藤丸:ああ、うん……でも、夜一さんは行くって言ったのですか?
砕蜂:夜一様が私の愛をこばむはずがなかろう?
藤丸:愛ぃ!?
砕蜂:何を驚いている?
藤丸:あの、砕蜂さん……ですよね?
砕蜂:私が卯ノ花隊長に見えるか?
藤丸:ですよね……(隊長になって、ちょっと大胆になったのかな?)

155:う、卯ノ花、隊長……?
花太郎:藤丸さ〜ん!
藤丸:花太郎くん?
花太郎:隊長が……!卯ノ花隊長が!助けてください!
藤丸:卯ノ花隊長が、どうかしたんですか?
花太郎:と、とにかく、来てください!

十一番隊隊員:ぎゃぁぁぁー!
卯ノ花:大の男がギャーギャーと、やかましい!こないな傷、粗塩すり込んどったら治んねん!
十一番田隊員:ひーっ!しみる!しみすぎるー!
卯ノ花:何や!?専門家の処置に文句あるんかい!
十一番隊隊員:おかしいですよ!今まで塩なんか一回も使わなかったのに!
卯ノ花:ボケが!ショボイ傷にまで霊力使ってられるかいな!ホンマ役に立たんくせに、文句ばっか言いくさって!ヒィヒィ言わしたる!
十一番隊隊員:ヒィー!ヒィィィィ!
藤丸:う、卯ノ花、隊長……?
花太郎:卯ノ花隊長が、壊れちゃったんです……!藤丸さん、助けてください!
卯ノ花:おう、花公!集金は終わったんか?
藤丸:集金!?
花太郎:隊長が急に出張治療した場合は治療代を取れって……
藤丸:ええっ!?何だろ……夢でも見てるのかな……?これ、幻覚、ですよね?
花太郎:僕もそうだと思いたいんですけどね。
卯ノ花:おい、そこのサンピン!何ジロジロ見てんねん?邪魔や!出てかんかい!
藤丸:失礼しましたっ!!

藤丸:どうなってるの、あれ……?
花太郎:わかりませんよ。もしかしたら、今までの不満が爆発したのかも?
藤丸:ありえなくもないのが、ちょっと恐いね……

156:唯我独尊……!?
白哉:フ……霊圧を消しきれていないぞ、黒崎一護……
藤丸:あれ、朽木隊長?どうしたんです!?ケガをしてるなんて!
白哉:先ほど黒崎一護に背後から襲われたのだ。
藤丸:一護くんが!?何かの間違いですよね!?
白哉:間違いではない。奴は私に反逆したのだ。そなたに命じる。黒崎一護を発見し、捕獲せよ。
藤丸:そんな……それは、正式な決定によるものなのですか?
白哉:今、私が決定した。
藤丸:えー!?それは、独断では……!?
白哉:独断?私の決定こそが正式な決定だ。
藤丸:く、朽木隊長……?(何だか、言っていることがメチャクチャな気が)
白哉:黒崎一護を逮捕しろ。命令に違反した場合は処罰する。よいな。
(足音)
藤丸:(そんな……)
(足音)
一護:藤丸!白哉を見なかったか!
藤丸:わっ!?一護くん!
一護:白哉のヤツが、おかしいんだ。何だか知らねえけど、問答無用で襲ってきやがった……!
藤丸:やっぱり朽木隊長、様子が変だよね!
一護:見たのか!?
藤丸:今、ここでね。いったい何があったの!?
一護;そんなの、俺の方が聞きてえよ!

157:無責任な狛村?
藤丸:こんにちは、射場副隊長。
射場:おう、藤丸。何の用じゃい!
藤丸:狛村隊長はいますか?日頃のお礼に、差し入れを持ってきたんですけど。
射場:うーん、おるにはおるんじゃが、のぅ。
藤丸:?

射場:隊長、藤丸が差し入れを持ってきたといっとるんですが。
狛村:放っておけ。
射場:はあ……気分がすぐれんというんなら、それはそれでええんですが……
狛村:何が言いたい?
射場:いや、ただ……いつもの隊長と、そのぅ……
狛村:ちッ、面倒臭い……行けばいいのだろう!
射場:隊長……?

藤丸:狛村隊長!
狛村:何用だ?
藤丸:はい、日頃のお礼にお菓子の差し入れを持ってきました!
狛村:世話などした覚えはない。帰れ。
藤丸:え……!?
狛村:儂は、だれの世話もせぬ。無論、するつもりもない。勝手にやるのみ。
藤丸:あ……射場副隊長、これは?
射場:朝からこうなんじゃ。隊長は繊細じゃけ、原因がさっぱりわからん。
藤丸:心配ですね、どうしちゃったんだろう?

158:京楽の説教……?
京楽:藤丸クンじゃないか。何の用だい?
藤丸:あれ?お仕事中でしたか。
京楽:当然だろう?
藤丸:え……?
京楽:キミもぶらぶら遊んでると、ろくな死神になれないぞ?
藤丸:あの〜、もしかして酔ってるんですか……?
京楽:ボクが酒なんか飲むわけないだろう。
藤丸:はぁ?何の冗談です?
京楽:早く帰って修行したまえ。いいね。
藤丸:それ、本気で……?
七緒:いたわ!
藤丸:わっ!?
七緒:捕まえて!
茶渡:ム……失礼……!
京楽:おい!何をする!?
七緒:そのまま担いで、四番隊の救護室まで運んでください!
茶渡:了解……!
京楽:よせ!仕事がまだ残ってるんだぞ!
七緒:大丈夫ですよ、京楽隊長!卯ノ花隊長にみてもらいますから!
京楽:そんなヒマはないんだ!仕事をさせてくれ!
七緒:こ、これは重症だわ!急いで!
京楽:放せー!
茶渡:ム……!
七緒:隊長!病気は必ず治ります!心配しないでください!
藤丸:(どうなってるの!?)

159:日番谷の目覚め!?
日番谷:ねえねえ、お姉さん。僕と遊んでよ!
死神女性隊員:え……?日番谷隊長……?
日番谷:ダメかな?
死神女性隊員:(カ、カワイイ……!!)あの、本当に私と?
日番谷:実は前からいいなと思ってたんだ。言えなかったけど。
死神女性隊員:はぅ……
藤丸:あれ、冬獅郎くん?何してるの?
死神女性隊員:あ……!
日番谷:何って、今からこのお姉さんと遊びに行くところだけど?
藤丸:はあ?
死神女性隊員:あ、あの、その……し、失礼します!
藤丸:なに、今の?
日番谷:ちぇッ、邪魔するなよな。
藤丸:え?何か悪いことした?
日番谷:しょうがねえ、男といてもつまんねぇし、次のお相手を探すか。
藤丸:冬獅郎くんって、あんなだったっけ?そりゃ、成長すればいろいろあるだろうけど。う〜ん……

160:平和を求める男?
十一番隊隊員:せいや!てぇい!
剣八:おい、やめろ!
十一番隊隊員:隊長?自分の素振りに何か問題でも?
剣八:そうだ!これより我が隊はあらゆる戦闘訓練を禁止する。
十一番隊隊員:は……?
剣八:まったく、何てひどい隊なんだ!冗談じゃない!
十一番隊隊員:え、えー……どうなってんだ?

藤丸:ん……何だろう、この妙な霊圧は……?
剣八:おい!
藤丸:わーっ!?
剣八:君!君もやはり戦いが好きなのか!?
藤丸:はい!?
剣八:答えるんだ!君も、戦いが好きなのか!?
藤丸:い、いえ……好きではありません、が……
剣八:そうか……やっと、まともな死神に出逢えたようだ。
藤丸:まとも……?
剣八:よし、じゃあ平和について今から語り合おう。
藤丸:へ、平和!?
藤丸:失礼ですけど、更木隊長ですよね?
剣八:そうだ。戦いを好む奴らにはもう愛想が尽きた。
藤丸:それ、本気で……?
剣八:戦いが何を生み出す?争いが誰を幸せにする?戦いたい奴同士が殺し合って消えればいいじゃないか。
藤丸:更木隊長がそんなことを言うとは……
一角:隊長!こんなところで何してんすか?
藤丸:斑目三席!
剣八:ええい!また乱暴そうなのが!係わりたくない!
一角:隊長?どうなってんだ、あれは……?
藤丸:さ、さあ……

161:MはマユリのM?
藤丸:技術開発局……涅隊長、何の用だろう?
マユリ:よく来たネ。
藤丸:今日は何のご用でしょうか?
マユリ:何の用だって?そんなの、決まっているじゃないか。
藤丸:涅隊長の実験体になる気はありませんよ!
マユリ:何を言っているのかネ?そんなことより、早く私を切り刻みたまえ!
藤丸:はっ!?
マユリ:もう、待ちきれんのだヨ!尖った刃先が私を切り裂く瞬間、肉をえぐられるあの感覚、ヒャハハハハハハハハ!考えただけで、たまらないネ!
藤丸:く、涅、隊長……?
マユリ:準備は整っている。私を台に縛りつけ、好きなようにしたまえヨ!
藤丸:ぼ、僕にはそういう趣味は……!
マユリ:さあ、何をしているんだ!早く!早くするんだヨ!
藤丸:うっ……!
マユリ:早くしろ!このウスノロ!
藤丸:た、助けてー!

藤丸:はぁ、はぁ……ここまで逃げれば、大丈夫だよね……何だったんだろう、あれ……新手の脅しなのかな……それとも自分の脳改造に失敗したとか……?

162:浮竹十四郎
井上:うーん、いないなあ。
小椿:このへんを散歩しておられたはずなのだが……
藤丸:あれ、織姫ちゃん?
井上:あっ、いいところに!浮竹さんを見なかった?
藤丸:浮竹隊長?見てないけど?
小椿:俺はこのへんで隊長からメガネを買ってこいと言われたのだ。
藤丸:浮竹隊長、目が悪いんでしたっけ?
小椿:いや、目はいいはずだが。
井上:じゃあなぜメガネが必要なんだろ?
浮竹:四の五の言わずに早く買ってこい。
小椿:浮竹隊長!
井上:浮竹さん?
藤丸:メガネ、何に使うんです?
浮竹:かっこいいからだ。
小椿:メガネが、ですか?
浮竹:ああ、あこがれたんだよ。尸魂界を去っていく藍染の姿にな。
井上:え……!?
藤丸:あ、いぜん……!?
浮竹:そうだ。メガネを砕き、虚圏へ去っていく藍染は自信と力に満ちていた。これからは私が天に立つと言ってのけた藍染の姿はシビれたぞ!
小椿:隊長……それは本気で言っておられるので?
浮竹:いいから買ってこい!隊長命令だ。
井上:あの、清音さんにもメガネを買うように言ったのはなぜですか?
浮竹:知らんな。
井上:え……

ルキア:はあ、伊達メガネ、ですか。
浮竹:伊勢副隊長と草鹿副隊長に似合うからぜひ!と言われてな。
ルキア:(それ、女性死神教会が非公式に売っている隊長写真集用では……)
清音:(ええ、間違いないわ。メガネ姿を盗撮するつもりよ……)
浮竹:どうした?それで、メガネは買ってきたのか?
清音:いえ、隊長が小椿三席にもメガネ購入を指示したというので、一応確認を。
浮竹:仙太郎に?俺があいつのセンスに任せると思うか?
清音:思いませんけど、あいつも確かに隊長に頼まれたって。
浮竹:そんなはずはないが?
ルキア:小椿三席がウソをつくとも思えないのですが……(何かイヤな予感がする)

164:ニセ者!?
卯ノ花:……
藤丸:あれ?卯ノ花隊長、どこへ行くんだろう?お供もつれていないし、まさか、ニセ者か?尾行してみよう!

卯ノ花:……
藤丸:ここは、温泉宿……!どうしよう?

フリータイム2択選択(どちらかのみ)

☆もうやめよう
藤丸:もうやめよう。いくらなんでも失礼すぎるもんな。

☆いくしかない
藤丸:行くしかない!これは尸魂界の安全の問題なんだ!
勇音:あぶないっ!!
藤丸:わっ!?
勇音:藤丸さんが隊長を尾行するのを見て、追ってきたんですよ。言っておきますけど、藤丸さんの霊圧に隊長は気づいてますから。もしこのまま奥へ行っていたら、どなっていたか……
藤丸:(うっ、冷や汗が……!)
勇音:ニセ者騒動があったあとだけに、警戒するのもいいことですけど、時と場所だけは考えてください。ね?
藤丸:すみません……

(グラフィック)
卯ノ花:ふぅ……ゆっくりできるのも勇音のおかげですね。今度お休みをあげましょう。それにしても、いいお湯です……はぁ。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 08:20:43 (1511d)